menu

ペットボトルで稲を育てよう~田植え・稲刈りたのしイネ、たくさん実るとうれしイネ、みんなで食べるとおいしイネ

たのしイネ2012  第3回 観察会を開催しました。

公開日:2012年08月15日 カテゴリー:2012年の記憶 タグ:, ,

夏もまっさかりの2012年8月4日。
夏の観察会&交流BBQを開催しました。

昨年は原因不明でうるち米が枯れるトラブル。
今年はそれを解消するために、屋上の温度に原因があるのでは、という目星をつけて24時間の温度測定です。

とはいえ、参加者のみなさまにずっといてもらうことはできません。
午前の部、午後の部にわけて、測定の一部に参加していただきました。

まずイベントでは、イネの生育状況の観察。
顧問の平尾先生の指導のもと、観察していきます。
なによりその生育状況に驚きの声。

「約1ヶ月でこんなに育つなんて」というお言葉。

しっかりと太陽の光、水があれば、ぐんぐん成長していくものですね。

そしてよく見ると、いくつかの虫がついています。
中国大陸からジェット気流に乗ってきた虫たちです。本当だったらイネに出会わないはずの都会で出会ってしまった、幸運な虫たちです。
とは言え僕たちにとってはイネを食べる虫。手で取ったり水で流したりと、安全に除去します。

そして、肝心の温度はというと、ぐんぐん上がっていきます。
お昼頃の気温は37度を超え、水温も31度を超えています。

サーモグラフィーで見ると、コンクリート部分はもう真っ赤を通り越して白くなっています。
これは50度を超えるとのこと。しかし、イネを始め、緑があるところは緑色や青色です。
それぞれの温度が低いだけなく、蒸散をすることで周囲の温度を下げてくれているのですね。

一通り観測した後は会場を会議室についてお米の話。

今回パークビルで育てているお米の紹介。

フードマイレージの紹介。フードマイレージとは簡単に言うと、食べ物を運ぶためのコストについて話。日本は莫大なコストを使って食べ物を運んでいます。その目線で見ると、近くでとれたものを食べることは大切です、というお話しです。詳しくは調べてみてくださいね。

そして、平尾先生恒例米袋コレクション。全国に多くあるお米のことを知ることができます。

午後の部の後は、夜の部に突入。
「夜のオフィスビルの屋上環境を体感する」ということで、BBQを開催しました。

みなさん、いろいろ持ち寄ってくださったため、お肉、野菜にとどまらないBBQです。
これまで種まきや田植えを通して、交流を持たれたみなさんが、「一緒に食べること」を通じて、仲良くなっていく様をみて、「これがたのしイネの活動の一つの根幹だ」と感じました。

それからスタッフだけ残って、3時間おきの温度測定。
どんな結果がでたかはまたの機会に公開いたします。

アーカイブ

サイト内検索